臨済宗の十三回忌について

法事を行う時というのはその宗教や宗派によってその内容やマナーが変わってきますよね。
それぞれの宗教、宗派ごとのマナーというのもいろいろとありますから、法事を行ったり参加したりする時にはそういった部分を把握しておきたいですね。
例えば臨済宗の十三回忌というとどんなものでしょうか。
臨済宗は仏教の一つの宗旨ということですので、十三回忌も一般的な仏教の法事のものということになりますね。
十三回忌は亡くなってから満12年の時に行う法要のことです。
臨済宗に限らず仏教の法要としては七回忌の次ということになりますね。
宗派や地方によってはどこかの法要で区切りをつけることもあるわけですが、
最近では亡くなってから12年も経過しているということになるとごく近い身内だけで法要を行うということの方が多いのではないでしょうか。
七回忌あたりまではしっかりとした法事をするという方が多いかと思いますが、
十三回忌ともなると服装についても厳しいマナーはなく、派手でない普段着でというところが多いでしょうね。
臨済宗だからということで、特別十三回忌に他の仏教の宗旨と異なる部分というのがあるわけではないようですので、
特に意識するようなこともないかと思います。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク