日蓮宗の香典の表書きについて

お葬式や法事に参加する際というのはその宗教や宗派のこともきちんと考えておかなくてはいけません。
宗教や宗派によって細かいマナーが異なりますから、それを間違えてしまうと相手に不快な思いをさせてしまったり、自分が恥をかくことにもなりかねません。
例えば日蓮宗のお葬式や法事の場合はどうでしょう。
お葬式や法事のマナーで気をつけたいことの一つに「香典」がありますね。
特に香典で気をつけたいのは表書きについてです。
この部分は宗教や宗派によって書く言葉が異なってきたりするので気になりますよね。
日蓮宗の場合の香典の表書きはどうなのか?ということですが、
日蓮宗は仏教の一宗派ということで他の仏教の場合と同じです。
四十九日までの法要の場合は「御霊前」、四十九日以降の法要の場合は「御仏前」とするのが一般的ですね。
他にも「御香典」と書いても問題ないでしょう。
同じ仏教でも真言宗の場合だと四十九日前でも「御霊前」は用いず「御仏前」とするのでややこしいかもしれませんね。
もし行ってみないことには相手の宗派がわからない、ということであれば、予め両方の香典袋を用意しておいて、
当日現地でどちらを使うかを選ぶということにするのも一つの方法でしょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク