創価学会の十三回忌について

誰かの法事に参加する時というのはいろいろと作法やマナーなどいろいろとありますから大変ですよね。
特に自分の宗教や宗派とは別の法事となるとわからないことも多く戸惑うことも少なくないでしょう。
例えば創価学会の十三回忌なんかの場合はどうでしょうか。
創価学会も日蓮正宗の一つであり、いわば仏教の一つとも言えるわけですから、
十三回忌の法要についてもそれほど特別ということはないと言えるのではないでしょうか。
ただ、創価学会の場合だと十三回忌のような年忌法要というのは個人ではなくまとめて行うことが多いようですね。
会館のようなところで十三回忌に限らず一周忌や三回忌、七回忌などといった年忌法要にあたる方をまとめて、法要を行うようです。
そういったこともあってか、参加する方の服装についてもわりとそれほど厳しいマナーではないようですね。
1周忌の方もいれば十三回忌などの方もいるということで、きっちりとした喪服を着ている方というのはあまりいないようです。
もちろんきっちりとした服装をして問題があるわけではないので、その方が無難と言えば無難ということになるのでしょう。
ですが割りと普段着のような服装という方が多いようなのでそれほど気にする必要がなさそうですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク