創価学会での供物について

法事に参列する際には御供物を持っていくということにもなるかと思います。
ただ御供物とは言っても、宗教や宗旨、宗派によってその内容も異なったりしており、
場合によってはマナーに反するようなことになってしまうこともあるので注意したいところですね。
例えば創価学会というのも一つの宗教であり、その法事に参列するということもあるかと思います。
創価学会というのは日蓮正宗の一種なので、そのマナーがわかっていれば良いかとは思いますが、
例えば創価学会の法事だと御供物として花をあまり置いたりしないと言われているようですね。
一般的にはお墓や仏壇などは花で飾ったりすることが多いかと思いますが、そうではないということですね。
創価学会ではお花の変わりに樒と呼ばれる葉のついた木の枝を供えるようです。
ですので、創価学会の法事に参加するということがあるようなら花ではなくこの樒を用意していくのが良いということになりますね。
ただじゃあ花は絶対にダメなのかというとそういうわけでもなく、特に最近は花を供えることも特別おかしいということではないようですね。
ですが、こういったマナーというのは中には口うるさい人もいるものですから、知っておいた方が無難ですよね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク