真言宗の三回忌のマナー

法事に参加する際のマナーは難しいものですよね。
特に宗教や宗派によってはそのマナーも変わってきたりするから大変ですよね。
それまでにあまり参加したことのない宗教や宗旨だと戸惑うことも少なくないでしょう。
では例えば真言宗の三回忌なんかの場合だとどういったマナーに気をつけるべきなのでしょうか。
真言宗は仏教の一つということですから、だいたいの部分では他の仏教と同じと考えてよいでしょう。
特別真言宗だからここをこうしなくてはいけない、ということはそれほどないようにも思います。
三回忌ということになると服装はどうすればいいのか?という疑問は多いでしょうね。
年忌法要というのは回数を重ねる事に服装も緩くなっていくわけですが、
三回忌というとまだそれほど回数も重ねていないということですから略式喪服というのが一般的ですね。
ただ三回忌でもいろいろとあって、場合によってはお墓参りと食事だけで簡単に済ませることも少なくありません。
そういった簡単な法事ということであれば、ダークスーツにネクタイなど、地味目のスーツであれば問題ないでしょう。
女性の場合も黒にこだわらず、地味なワンピース、あるいはスーツなどで目立たない服装ならよいでしょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク