浄土真宗の法事について

仏教といのはいろんな宗旨や宗派があるものですよね。
同じ仏教であっても宗旨や宗派が違うことで、その内容というのも違ってきます。
普段はあまりそういったことに触れる機会もありませんが、法事の際などにはその辺りも非常に敏感になりますよね。
特に誰かの法事に参加するという時になると、自分の知らないマナーなどがあったりして困惑することもあるでしょう。
仏教の宗旨というと浄土真宗は非常に大きいですから、浄土真宗の法事に参加することになることも多いのではないでしょうか。
そうなった時に浄土真宗の法事で気をつけるべきポイントというのはどういったところなのでしょうか。
例えば香典について他とは大きな違いがあります。
香典を持っていくことには変わりありませんが、香典袋に書く表書きが他の宗教とは異なります。
他の宗教や宗旨だと「御霊前」と書くのが一般的かつ無難であるとされているのですが、浄土真宗はこれが例外になるので注意が必要です。
浄土真宗では「御霊前」ではなく「御仏前」と書きます。
こういったことは事前に相手に聞くわけにもいきませんから、自分で調べて確認しておく必要がありますね。
間違ったマナーで恥をかかないように覚えておきましょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク