家族葬に花を贈るのは?

最近は葬儀というと家族葬というスタイルで行うところも多くなっていますよね。
家族葬の場合は葬儀はその名の通り家族だけで行うため、それ以外の方の弔問や香典などについては辞退しますということになります。
しかし、故人と親しかった方などの場合はお悔やみをしたいということもあるかと思います。
そういう場合に花を贈るというのはマナー上どうなんだろう?ということですね。
花を贈ること自体というのはお悔やみをするという意味では良いことなのですが、
弔問や香典を辞退している家族葬に花を贈るのは良いのか悪いのか不安な方も多いでしょう。
弔問や香典を辞退しているのであれば、同時に花についてもやめておいた方が良いとも考えられます。
家族葬を行う理由というのは様々ですが、やはり香典やお花をいただいた側からするとその御礼をしなければいけないということになります。
その御礼の用意などが必要ないというのが家族葬の一つのメリットでもあるわけですから、
そこに多くの人から花が送られてくると話が変わってきてしまうということですね。
もちろん、絶対にダメなのかどうかというのは遺族の考え方しだいです。
家族葬とは言ってもはっきりとした定義があるわけでもないので、贈りたいということであれば先に確認しておくのが良いですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 家族葬 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク