家族葬での通夜や告別式について

最近はお葬式というと家族や親族だけで行う家族葬というのが流行っています。
家族葬は一般の方からの弔問や香典を受け付けないということで故人とゆっくりお別れをすることができ、精神的・肉体的な負担を軽減することができるということで選ばれていますね。
しかしまだ家族葬というものがそれほど一般的になったというほどでもないため、内容について疑問が多い方も多いでしょう。
例えば家族葬の場合は通夜や告別式というのはどうなるのか?という疑問もあるでそう。
家族葬というのは定義があるわけではないので、その内容は「自由葬」とも呼ばれるように自由なわけなのですが、
一般的な家族葬としては通夜や告別式に関しても家族だけで行い他の方の弔問などは遠慮するという形が多いです。
ですが、そのあたりも決まっているわけではないため通夜や告別式はそもそも行わないというケースもあれば、
通夜には一般の方の弔問を受け付けるというケースなどもあるようですね。
どういった内容で葬儀を進めるのかというのは故人の生前の意思であったり遺族の考え方しだいということになります。
ですから友人や知人、その家族などが亡くなったという場合にどういった内容の家族葬になるのかというのはその遺族に聞いてみる必要がありますね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 家族葬 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク