法事でのワンピースについて

法事に参加する際、服装のマナーというのは大切ですよね。
法事の準備をする際に真っ先に考えるのがどういった服装で行くべきなのか、ということだと思います。
女性の方の場合だと基本的にはワンピースという方が多いですよね。
中にはパンツスーツの方というのもいらっしゃるかと思いますが、やはり一般的には黒のワンピースでしょう。
お葬式や49日、一周忌、三回忌あたりまでは黒のワンピースで参加するのが良いかと思いますが、
その後はさすがに真っ黒のワンピースというのは重たすぎるということになってくるでしょう。
男性の場合でもそのあたりからは黒の喪服ではなくなりますし、多少はカジュアルな方向へと変化していきます。
その後も黒以外のワンピースで良いですが、やはりあまり派手な柄が入っているものであったり明るすぎる色だったりするものは避けるべきでしょう。
また、光るような素材の服も法事ではふさわしくないので避けなければいけませんね。
7回忌以降ともなれば案内状なんかにも「平服で」と書かれている事が多いかと思います。
だからと言って普段着で参加するのはさすがに失礼ですから、やはりそれなりに派手じゃないおとなしい服装が望ましいでしょうね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 服装・ネクタイ パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク