法事ではパールのアクセサリーはOK

法事の際には服装のマナーが結構重要になってきますよね。
場違いな服装をしていると後で何か言われたり、言われなくてもちゃんとしてないと思われるのは良いことではないですよね。
女性の場合だと黒いワンピースを着て、そこにパールのネックレスをしている方が多いかと思います。
法事の際にはアクセサリーは付けないのが基本なのになぜパールのネックレスなら良いのか、と不思議に思って言る方もいるかもしれませんね。
これにはパールが悲しみを表現しているという理由があるのです。
パールというとその形状は涙みたいですよね、そういうところからパールのネックレスは悲しみを表現しているのでお葬式や法事で付けるようになっているのです。
中にはネックレスなどのアクセサリーはどんな物でも付けない方が良いという方もいらっしゃいますが、
一般的にはパールのネックレスなら問題ないとしている方多いでしょう。
逆に付けていないとマナー違反だなんていう方もいるかもしれませんが、さすがにそこまではいきすぎではないでしょうか。
ネックレスに限らず女性ならパールのイヤリングをする場合もあるでしょうし、男性の場合でもネクタイピンなんかでパールの物を身に着けている方もいますね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 服装・ネクタイ パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク