法事でタイピンはNGなのか?

法事に参加する際には喪服や略式の喪服を着なければいけないというのは考えなくてもわかることだと思います。
そしてネクタイについては黒のネクタイだというのも常識ですが、タイピンについてはあまり知られていませんよね。
実際に法事に参加する際にタイピンを付けても良いものかどうかで悩んでいる方はいらっしゃることと思います。
基本的にお葬式や法事ではアクセサリーは付けないのが常識ですよね。
しかしタイピンがアクセサリーなのかどうかは判断が難しいところでしょう。
タイピンにはネクタイを留めるという立派な実用性がありますからね。
実際のところタイピンを付けること自体はマナー違反ということはないようです。
ただし、当然のことながら派手な物を付けつのはマナー違反です。
キラキラと光る物だったり色が入っている物、目立つ物は付けてはいけませんね。
ただし真珠を使ったシンプルな物は良いとされているようです。
女性のネックレスの場合もそうですが真珠(パール)は涙を意味するとされていますので法事の際に用いるのは問題ありません。
そもそも最近は若い人はあまりタイピンを使わない傾向にありますから、心配なら付けずに行くというのが無難でしょうね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 服装・ネクタイ パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク