法事でのエナメル素材について

法事に参加する際というのは服装というのも非常に気を使うところですよね。
法事と言っても一周忌もあれば13回忌や50回忌など亡くなってから長期間経過してからのものもありますから、
一概にこの服装であれば問題ないというのは言えないのですね。
そして服だけでなく靴やバッグなんていうのも注意しなければいけない部分です。
例えばエナメルの靴やバッグなんていうのは結構光りますから良いのかどうか悩むところではないでしょうか。
法事というと基本的に黒が望ましいわけですが、黒とは言ってもエナメルはあまり良くないとされていますね。
特に一周忌や三回忌となるとエナメル素材のバッグや靴というのは避けた方が良いのではないでしょうか。
七回忌、十三回忌と回を重ねていけば服装というのも次第にラフなものが許されてきますから、
ある程度の格好は問題ないと言えるでしょう。
しかしあまりに光すぎるエナメルだったり本革だったりする場合は念の為に避けた方が良いかもしれませんね。
特別にそれを持っていかなければいけない事情なんていうのはないでしょうし、
どうしてもそれしか無いということならば仕方ないかもしれませんが、
できれば派手な物というのは避けたいところですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 服装・ネクタイ タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク