法事にストライプのスーツ

お葬式や通夜、法事の際というのは服装にはかなり気を使わなくてはいけませんよね。
お葬式の場合は当然ながら喪服・礼服を来ていくものではありますが、

非常に難しいのは法事の場合にどのような服装をしていくのか、
ということだと思います。

例えば男性の場合、
ブラックスーツではなくストライプの入ったスーツというのはどうなのでしょう。

黒でストライプが入っているから大丈夫だろう、と思うかもしれませんが、
まずお葬式の場合にこういったスーツというのが望ましくないのは当然ですよね。

そして法事の場合ですが、法事と言ってもいろいろとありますよね。
一周忌や三回忌までというのはできればお葬式と同じ服装
というのが望ましい
とされていますので、
ブラックスーツを着ていくのが無難ではないでしょうか。

そして七回忌あたりまで行くと
法事の規模も小さくなってきて服装もある程度軽くなっていきます。

そのあたりまでくればストライプのスーツでも問題ないのではないでしょうか。

もちろんこういった服装というのは故人の親族なのかどうか
というので変わってくるものですし、
その地域や家の風習などによっても変わってきます。

できれば施主や年配の方などに事前に確認しておくのが望ましいですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 服装・ネクタイ タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク