法事でのピアスについて

法事の際というのは身だしなみというのは非常に重要になりますね。
特に若い方というのは慣れていない方も多いでしょうから、
どの程度の服装や装飾品までなら大丈夫なのかというのがなかなかわからない部分も多いでしょう。
例えば喪服はちゃんと着ていてもピアスなどの装飾品を付けていてはダメなのかなんていう疑問もあることでしょう。
実際法事の際にピアスは付けていってはいけないのでしょうか。
基本的に法事の際のピアスやネックレス、指輪などの装飾品というのはパールであればOKということになっています。
ですからピアスを付けるならパール以外のものは避けなければいけないということですね。
ただし地方や宗派など場合によってはこういったしきたりというのも変わる可能性があります。
パールでもピアスはダメ、という場合もないとは言えませんから誰かに確認しておくというのが無難かもしれません。
また、法事とは一言で言っても一周忌から三回忌、七回忌、十三回忌などいろいろあって、
やはり回を重ねるごとに服装などのマナーというのも緩くなっていきます。
だからと言って派手な装飾品を付けるというのは良くないとは思いますが、
10年以上経過しているならそれほど神経質になることもないかと思います。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 服装・ネクタイ タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク