法事での服装、ブーツについて

法事に招待された時、どんな服装をしていくのかというのはいろいろと気を使わなくてはいけませんよね。
お葬式の際のフォーマルな格好というのはある程度決まったものがあるのであまり悩むこともないかもしれませんが、
法事となるとどの程度の服装までなら許されるのかという判断はなかなか難しいものではないでしょうか。
例えば服装の一つというと靴というのも重要で、黒いブーツを履いていくのはどうでしょうか。
基本的にブーツというのはフォーマルな靴ではありませんよね。
アウトドアを目的としているもので、やはりカジュアルな靴だと言えるかと思います。
そう考えると法事にブーツを履いていくというのは望ましくないということになりますよね。
ただ法事とは言っても七回忌以降というのは服装もある程度軽いものになっていきますから、
施主以外で7回忌や13回忌ということならそれほど気にする必要はないかもしれません。
また、地方や地域によってはブーツでも大丈夫という場合もあるのではないでしょうか。
特に北国で雪が降るような地方や季節ですね。
やはり雪が積もっていたり足場が悪いような状態であれば靴を気にしている場合じゃないということもあるでしょう。
そういった地方では普通にブーツを履くという場合もあるようです。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 服装・ネクタイ タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク