法事の身だしなみ、マニキュアについて

法事のマナーというのはいろいろあって慣れない方、若い方にとっては大変なものですが、
特に身だしなみというのはきっちりしていないと恥をかくだけでなく、
年配の方に後でいろいろと言われることもあって嫌な思いをすることにもなります。

ですからそうならないように身だしなみには気をつけなくてはいけません。
特に女性の場合マニキュアなんかについても気をつける必要があります。
最近はネイルサロンなどで派手なネイルやデコレーションをしている方などもいますが、
さすがに法事ではそういった物は良くないというのはわかりますよね。
ではマニキュアというのはどうか、ということになります。
お葬式の場合なら当然落としておくべきでですが、法事の場合であればどうでしょうか。
法事は故人が亡くなってから年月が経つごとに服装なども緩くなっていきますから、
ある程度年数の経った法事ということであれば、派手でないマニキュアであれば許容範囲というところではないでしょうか。
例えばベージュ系のマニキュアだったり、あるいは透明のものだったりなど、
ぱっと見でマニキュアをしているということがわかるかわからないかぐらいのものであれば問題ないのではないでしょうか。
もちろん赤だったりピンクだったり派手な色というのは避けましょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 服装・ネクタイ タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク