法事の際の靴下について

法事に参加する際の服装のマナーというのはなかなか難しいですよね。
法事なんていうのはそうそうしょっちゅうあるものではありませんし、
若い方、慣れない方にとっては服装選びというのも大変かもしれませんね。
法事ではちょっとした部分でも失礼にあたったりマナーが悪いと見なされたりすることもあります。
例えば靴下なんていうのも意外と気をつけなくてはいけません。
靴下なんてほとんど見えないし誰も見ないだろうと思うかもしれませんが、
見えないからという問題ではありませんし、当然靴を脱ぐという場面もあることでしょう。
お葬式の場合というのは当然黒の靴下を履くことになるわけですが、
法事の場合というのはどうでしょうか。
法事はお葬式ほど服装が厳しくないとは言え、一周忌や三回忌などではまだお葬式と同様の服装をするというのが望ましいのではないでしょうか。
そう考えると靴下も黒が無難だということになりますね。
七回忌などになれば服装も平服になりますからグレーや紺の靴下でも問題ないでしょう。
まぁ靴下というのは普段から黒を履いていてもなんの問題も違和感もないですから、
気になるようならとりあえず黒い無地のものを履いておくのが無難ではないでしょうか。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 服装・ネクタイ タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク