法事『弔い上げ』とは

弔い上げという言葉をご存知でしょうか。「とむらいあげ」と読みます。
誰かが亡くなられた際といのは葬儀や通夜を行った後、
亡くなられてから一定期間ごとに年忌法要という法事を行いますよね。
一周忌や三回忌、七回忌、十三回忌といったように法事が行われていくわけですが、
この年忌法要は三十三回忌になると「弔い上げ」とされています。
三十三回忌ともなると亡くなってから32年が経過しているということもあり、
故人を直接知っているという方も少なくなってきますよね。
この弔い上げを境として故人はご先祖様という扱いへと変わります。
他のご先祖様と一緒に祀られるという存在へとなり、
この弔い上げを最後にして法事は以後行わないということになるわけですね。
仏教では亡くなって33年経つとどんな大罪を犯した人でも無罪となって極楽浄土へ行けると考えられているからですね。
弔い上げではお寺に永代供養を依頼する場合もあります。
永代供養というのはその後お寺がずっと命日やお盆などに供養をしてくれるというものですね。
また、一般的に弔い上げは三十三回忌ということが多いようですが、
宗派や地方など、場合によっては五十回忌を最後の法事とするという場合もありますね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 服装・ネクタイ タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク