法事のお供えにつけるのし

法事に参加する際には手ぶらというわけにはいきませんので、いろいろと持参しなければいけませんよね。
持参する物ということになるとお供えであったり、あるいはお供え料ということで現金を包むこともあるかと思います。
その金額というのも頭を悩ませるところではありますが、いざもっていくという際にはのしをを付けることになりますよね。
そうなると法事の場合のしにはなんて書くことになるのでしょうか。
お葬式の場合は香典と呼びますが、法事の場合現金を包むのであれば香典ではなくのしには御仏前あるいは御佛前と書くのが一般的になります。
現金ではなくお供え物として菓子折りだったり果物、あるいは線香なんかを持参するということであればのしには「御供」と書くのが良いでしょう。
ただしこの辺りのマナーなどについては地域や宗派によって異なることもあるでしょうからその辺りはちょっと注意が必要かもしれません。
心配なようであれば、お寺の方に聞いてみるか、親戚の年配の方に聞いてみるなどして確認しておくのが無難かもしれませんね。
菓子折りや果物を買ったお店で書いてもらうということも多いかと思いますが、
そういったお店の方が必ずしも正しい知識を持っているかどうかはわかりませんからね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 香典・お返し パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク