法事の香典の書き方や水引について

法事に参加する際、その時に持参する香典ののし袋についてもきちんとした知識が欲しいものですよね。
法事ではいろいろとマナーがありますが、香典の袋の書き方一つにしてもマナーがありますから、事前に知っておく必要があるでしょう。
香典ののし袋の書き方や水引については当然宗教や宗派、あるいは住んでいる地域によって異なってきます。
一般的には仏式の場合だと書き方としては御佛前や御仏前と書き、水引については白黒、双銀、双白、白青の結び切りやあわび結びとなっています。
神式の場合であれば当然「御仏前」とはなりませんので書き方としては「御玉串料」や「御霊前」「御神前」となり、
水引については双銀、双白の結び切りかあわび結びということになります。
さきほど書いたようにこれは宗派や地域によっても異なってくるわけですから、上記の様な書き方や水引なら正解とは限りません。
もちろん多少間違っていたとしてもそれに対して何か言われるようなこともないとは思いますので、一般的な書き方をしておけばそれほど問題はないかと思います。
ですがキッチリしたいということであればやはり事前に親戚の年配の方だとか詳しい人に法事でのマナー等と併せて聞いておくと安心でしょうね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 香典・お返し パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク