法事の香典の書き方

法事に参加する際には香典を持参することになりますが、香典を入れるのし袋の書き方がわからないという方も多いのではないでしょうか。
法事に参加するにあたってはいろいろとマナーがあって、それをきっちりできないと年配の方に怒られたり嫌味を言われたりといったこともあるかもしれません。
言われなくてもそう思われるのもやっぱり嫌ですから、マナーはきちんとしたいものです。
香典の書き方にしてもキッチリしておかなければいけない部分ということになるでしょう。
実際にどのように書くのかということですが、宗教や宗派によっても異なる部分があるのでこれなら間違いないということはありません。
できれば事前に誰かに確認しておくと間違いがなくて良いでしょうね。
一般的な仏教の場合表書きには「御佛前」あるいは「御仏前」、「御香料」と書きます。
字を薄墨で書くという知識もあるかと思いますが、これはお葬式の際、あるいは49日の法事までとされています。
薄墨で書くのは涙で薄くなったという意味や、急な訃報で墨を濃くすれなかったという意味があります。
ですから年忌法要の際には薄墨で書く必要はなく、最近では49日以降の書き方としては黒い墨で書くことが多いです。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 香典・お返し パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク