法事、17回忌でのお布施について

法事というのは一度でなく、
亡くなってから何回も行われることになりますよね。

仏教では年忌法要と言って、亡くなった翌年に一周忌、
さらにそのよく年には3回忌、その後7回忌、13回忌、17回忌というように行われていきます。

法事の際というのはやはりお寺にお世話になるわけなのですが、
お寺にお世話になった際にはお布施を渡す必要がありますね。

しかしこのお布施というのはあくまでも「気持ち」ということになっているため、
明確な金額というのは決まっていません。
法事とは言ってもどの法事かによって払う金額というのも変わってくるかと思います。

一般的に法事は一周忌から三回忌、七回忌と
亡くなってから時間が経過するに従って規模も小さくなっていきます。

17回忌ともなるとおそらく遺族、親族のみしか参加しない法事になるかと思いますので、
それなりに小規模な法事になるのではないかと思います。

ただ小規模になったとは言ってもお布施は必ず渡すもので、
17回忌のお布施でもだいたい一回で1~3万円程度が
相場
になるのではないでしょうか。

お寺の方に直接いくら渡せば良いか聞くというのも一つの方法かもしれませんが、
「お気持ち」ということで具体的な金額までは教えてくれないという可能性もありますね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 香典・お返し タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク