法事でのお返しに付けるのし

法事を行う際というのは施主側の方はいろいろと準備や用意をしなくてはいけませんね。
いろんな物を用意する必要があって慣れない方にとっては大変ですが、
きっちりやっておかないと失礼にもあたりますし、親戚から後で何か言われるのも嫌なものですよね。
例えば法事の際というのは参列者からいろいろとお供え物などをいただくことになるかと思いますが、
そのお返しを用意しなくてはいけません。
お返しになにを渡すかというのは特に決まってはいませんが、
たとえばタオルだったり洗剤だったりといった実用品やお菓子などを選ぶのが無難と言えるでしょう。
最近は受け取った人が自由に選べるカタログギフトというのも増えていますね。
そしてお返しを渡す際にはのしをつけることになります。
ここでまた困るのがのしにはなんと書いたら良いのか、ということですよね。
法事の際のお返しののしには『志』や『粗供養』と書くのが一般的です。
そしてのしの水引については黒白を用いるのが一般的で、関西など地域やあるいは宗派によっては黄色と白の水引という場合もあるようですね。
このあたりの事はお寺だったり親戚の年配で詳しい方などに事前に確認をしておけば間違うこともないかと思います。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 香典・お返し タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク