法事のマナー、お供えについて

法事に招かれた際というのはいろいろとマナーに気をつけなくてはいけませんよね。
法事のマナーというのはなかなか難しいものですが、
きっちりしておかなくては失礼にあたったり恥をかいたりすることとなります。
その場では気づかなくても影であれこれ言われているのも気分が良くないですよね。
法事に招かれた際のマナーとしてはお供えを持参するというのが常識になっています。
お供えというと従来は線香やろうそくといった物や、お菓子などを持参するというのが一般的でしたが、
最近ではお供えとしては現金を包むというのが一般的になってきています。
故人との関係性だったり、宗派、地方によっても違ってくるため難しいところではありますが、
現金を包むというのが無難かもしれませんね。
そうなるといったいいくら包めば良いのかということになるかと思いますが、
お供えとしてはお菓子などの物の変わりの金額と、法事でいただく食事代を併せてということで、だいたい1万円が相場になっています。
高級な料理が出るということになるとお供えの金額も高くするべきかもしれませんね。
また、現金ではなくお菓子などを持っていくという場合はあまり他の人と同じ物にならないようにしたいですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 香典・お返し タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク