法事の供物にはお菓子

法事に招かれた際というのは手ぶらでいくわけにはいきません。
故人とは血縁関係などがない人の場合だったとしても、
それなりに供物などを持っていくべきでしょうし、
血縁者など関係の深い人ならなおさらと言えるでしょう。

では供物にはなにを持っていくのが良いのか
ということになるのですが、
最近では現金を包んで持っていくというのが一般的ではありますが、
地方などによっては供物と現金両方などという場合もあったりします。

供物については一般的にはお菓子を持参するのが良いかと思います。
だいたい法事の際というのは和菓子を持っていくというのが多いのではないでしょうか。

饅頭や焼き菓子などが無難なところだと思われます。
供物は渡したらその場で分けて手土産にするという場合もありますから、
個別包装されていて日持ちするものが良いということもあるでしょう。

また、他の人が持ってきた物とあまりかぶらない方が良いかとは思いますので、
もし相談できる人がいるなら相談して別な物にした方が良いかもしれませんね。

和菓子店などには法事用の饅頭なども売られていますし、
のしもちゃんと付けてくれます。

法事の供物としては「御供」、「御仏前」等と書くのが一般的でしょうね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 香典・お返し タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク