法事の際の御膳料について

法事の際にはお寺に連絡をしてお坊さんを呼ぶことになりますよね。
そこでお布施というのを渡すことになるわけですが、
お布施以外にも渡すことになる場合があります。

例えば御膳料というものですね。
御膳料というのは「膳」つまりは食事代ということなのですが、

法事をする際というのは一連の流れの一つとして
会食をすることになりますよね。

会食にはいろんな形があるかと思いますが、
お坊さんを会食に招待しないという場合、
あるいは会食を辞退されるという場合であれば、
その分の金額をお渡しするわけです。

つまりこれが御膳料というものなわけですね。

事前にお坊さんの方から辞退するという話しがあればそれで良いですが、
会食に招待しないという場合は
事前に「身内だけで行うので」と声をかけておくのが望ましいでしょう。

御膳料はどのくらい渡すべきなのかということなのですが、
食事の変わりということですから
5千円から1万円というところが相場に
なるかと思います。

渡す際には法事のお布施と同様に水引のついた袋に入れて渡しましょう。
ただし御布施や御膳料、
あるいは御車料はそれぞれ分けて、渡すのが良いでしょう。

入れるお札については新札があればそれが良いですが、
こだわるほどのことはないかと思います。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 香典・お返し タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク