法事の香典袋は薄墨?

法事の際というのはいろいろ普段知らないようなマナーというのがいろいろあって、
知らずにいると失礼にあたったり恥をかいたりといろいろ大変です。

例えば、香典一つとってもいろいろとマナーというものがあります。
金額などについてはみなさん悩んで決められるかと思いますが、
香典袋を薄墨で書くというのはあまりご存知でない方も多いかもしれませんね。

なぜ薄墨で書くのかというのはいくつか理由があり、
例えば葬式というのは事前にいつ起こるかわからない突然の事なので、
急いで用意したため墨がよくすれなかった
という意味で薄墨を使うという意味や、
涙で墨が薄まったのでといった意味
があるようです。

しかし、これはあくまで葬式の際の話であり、
法事というのは当然前もって行われることがわかっているわけですから、
急いで用意したというような意味はありませんよね。

それでも香典袋については薄墨で書くというのがお決まりで、
法事の際にも薄墨で書くというのが一般的になっているようです。

しかし法事の場合には必ずしもそうでなければいけないというわけでもないようで、
濃墨だとダメだというようなことはないようです。

気にするなら薄墨が無難ですが、濃墨でも心配はいらないでしょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 香典・お返し タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク