法事の際の特別休暇について

法事があるという時に、当然その日は仕事が入っているなんていうこともあり得るわけですよね。
お葬式の時であれば、個人との関係というのもありますが忌引きということで特別休暇をもらえることはあるかと思います。
しかし法事の時の場合だとどうなるのでしょうか?
法事の場合の特別休暇については勤めている会社によっては認めているところとそうでないところがあります。
一般的な会社の場合はお葬式の時は良いけれど、その後の法事については特別休暇というのはなく、有給を取るなどしなくてはいけないところが多いようです。
条件が良い会社とそうでない会社がありますが、条件が良くても49日の法事くらいまでが特別休暇があって、それ以降はないというところがほとんどのようです。
つまりは法事で特別休暇を取ることはできないことがほとんどなので有給休暇を使うしかないということですね。
会社によっては父母の場合、配偶者の場合、2親等の場合、など個人との関係によってどこまで特別休暇があるのか就業規則で細かく決められていることもあるでしょう。
特別な休暇を取ることができず、有給を消化するのが嫌だから参加しないというわけにもいかないでしょうから、きちんと有給を取りましょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 基礎知識 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク