法事の数え方について

亡くなった後のお葬式の翌年からは年忌法要ということで法事あ行われますよね。
よく一周忌や三回忌、七回忌、十三回忌といったように法事は呼ばれるわけなんですが、
中にはこの年忌法要の数え方がよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。
特にこの方にの数え方について混乱しやすいのが、亡くなられた翌年、つまり一年後の命日については一周忌と呼ぶのに対して、
その翌年、詰まり亡くなられてから二年後の命日の場合は「二周忌」とは呼ばずに三回忌と呼ぶ点です。
一の翌年が三になるわけですから数え方が混乱してしまう人というのも多いわけですよね。
三回忌は三年後だと思ってしまう人も多く、直前になって焦るような方も少なくありません。
ではなぜこのようにややこしい呼び方をするのでしょうか。
これは単純に周忌と回忌の違いであり、周忌は命日から年が一周した日ということになり、
回忌は命日を含めて何回目の日であるという数え方です。
ですから一周忌だけは翌年と覚えておき、それ以降は命日から経過した年数にプラス1した数字が◯回忌になるというように覚えておくのが良いでしょう。
うっかり間違えたり忘れていたりして法事を飛ばしてしまわないように気をつけましょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 基礎知識 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク