法事、七七日とは

法事というのはある程度決まったスケジュールで行われることとなります。
よく聞くのは初七日や四十九日だと思いますが、
基本的に亡くなってから七日ごとに法事行うことになっています。
地域の風習や宗派によっても違うかもしれませんが、初七日と四十九日以外は何もしないという場合も多いですね。
四十九日というのは別名七七日とも呼ばれます。
七七日は「なななぬか」と読み、七かける七で四十九日ということですね。
一般的に亡くなってからこの七七日までの四十九日間は故人は成仏できないままだといわれています。
そして7日ごとにえんま大王に裁きを受け、
最後の四十九日の日にその判決が言い渡されるとされており、この日が忌明けとされている
のです。
7日ごとに法事を行うとされているのは、故人の罪が少しでも軽くなり成仏できるように祈るためだというわけですね。
そしてこの四十九日を境として一旦法事は一区切りということになりますね。
しかし地方によっては七七日ではなく五七日、つまり35日目の法事で忌明けとするところもあるようです。
忌明けをした次の法事は100日目の百か日法要、そしてその後は年忌法要と呼ばれる一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌となっていくわけです。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク