法事の喪主について

お葬式や法事をする際というのは喪主と呼ばれる人が必ずいますよね。
喪主というのは遺族を代表してそういった式を執り行う人の事を言います。
一般的に喪主というのは葬式の際の代表者の事を言うもので、
法事の場合は「施主」と呼ばれることになりますね。
喪主というのは基本的に故人の配偶者や親、子、兄弟といった近い人間が務める事になりますが、
必ずしも葬式の時の喪主がそのまま法事の際の施主になるとは限りません。
当然同じ方でもよいですが、違う方が務めても良いわけです。
また、葬儀の場合においても喪主と施主の両方がいるという場合もありますね。
喪主は先程のような血縁の近い方が代表となりますが、
施主の方は実質的に式を仕切るような人物
ということになって、
故人の娘の旦那さんが行ったり、あるいは故人が勤めていた会社の社長や上司などが行うという場合もなくはないでしょう。
ただし喪主に関しては親族がなるもので、親族以外の方なるということは、
親族の方が全くいないなどといった特別な事情など、よほどの事がない限りはないでしょう。
こういったことは宗教や宗派、地方などによっても違いがあったりもしますから、
困った際にはお寺の方に相談してみるのが良いかもしれませんね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク