毎年行う法事とは

一般的に仏教では法事というのは年忌法要と言って、決まった年に行われるものですよね。
具体的には亡くなった翌年には一周忌を行い、2年後には三回忌、6年後には七回忌といった感じになってます。
これは宗派や地域によっても異なる場合もあるので絶対ではないですが、だいたいはこれに当てはまるかとは思います。
しかし、当然宗教が変わったり地方によってはこれ以外にも法事を行うこともあります。
例えば毎年法事をするという方も中にはいるのではないでしょうか。
もちろん仏教の方でも三回忌や七回忌の年忌法要以外に毎年法事をするという場合もあるでしょう。
もしかすると会社を休む理由として毎年同じ時期に法事があるから、なんて言う方もいるかもしれませんね。
それが嘘だとは言い切れませんが、
会社を休むほどの法事となるとやはり三回忌や七回忌などの年忌法要となるでしょうから、
毎年法事で休むなんていうのは不自然かもしれませんね。
年忌法要以外に行うという場合でもさすがに毎回同じ様に場所を借りて大勢を招待して食事をしてというところまでされる方はあまりないんじゃないでしょうか。
お坊さんを読んでお経を読んでもらったり、墓参りをするといったくらいではないでしょうか。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク