法事での手紙の文例

法事を行う際には手紙をやりとりするなんていうことも時にはあるものです。
どういう時に手紙を使うのかというと、法事の案内を送る際、そしてそれに対しての返事の際ですね。
案内状については法事の日時や内容、そして出席を問う内容になりますから、ほとんどテンプレート通りになるかと思いますが、
問題となるのはその返事ですね。
出席するのであればその旨を伝えれば良いですが、欠席する際にはそれだけではなく手紙を添えるのが一つのマナーとなっています。
どんな内容の手紙を書けば良いかわからないというようであれば、ネットで見つかる文例を参考にするのが良いでしょう。
欠席する場合の文例は検索すればすぐに見つけることができるかと思います。
もちろん法事とは言っても何度目なのか、故人との関係性はどうなのかというのもあるでしょうから、
ネットで見つけた文例をそっくりそのまま使うわけにはいきません。
当然自分の状況や関係性を考えてうまくアレンジし、自分の言葉でちゃんと書くようにしましょう。
だいたい書く内容というのはそれほど変わりないでしょうけれど、その人にしか書けない言葉というのもあるでしょう。
ですが欠席の返事は施主の都合もありますからあまり時間をかけずできるだけ早く返信するようにしましょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 準備・案内 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク