法事で席札は必要か?

法事では法要の後に会食をするということが一般的ですが、
その際の席次というのは決められていることと、そうでないことがあります。

席次を決めておくということは
つまりは席札を予め用意しておかなければいけないということになりますね。

法事を行う施主の方というのは
いろんな物を用意しておかなければいけませんが、
席次を決める場合にはその席順はもちろん
席札も作っておかなければいけない
わけです。

しかし、そもそもこの席次を決めておくかどうかというのは地方によって異なるようです。
地方によっては法事の会食の際には席次を予め決めておくことが常識となっているようで、
確かにその方が席に着く時に混乱がありませんし、スムーズに会食が始められて良いですよね。

席札を用意するというのは多少の面倒もあるでしょうが、
その方が失礼にもならないとされています。

しかし一方で逆に席次は決めずに自由に座るというふうになっているという地域もあります。
法事で席札を付けるのは失礼にあたる、という考え方のようですね。

これはその地方によって異なるようなので、
お寺の方だったり年配の方だったりに聞いてみるというのが良い
でしょうし、

決まっていないのであれば
席札があった方がスムーズかもしれないですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 準備・案内 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク