法事の際の返信はがきについて

法事の案内が往復はがきで送られて来た場合、
当然その返信はがきで返事をする
ということになるわけですが、

この返信はがきにもいろいろとマナーがありますので
注意しなければいけませんね。

まず法事に参加するという場合、
この場合もちろん返信はがきで参加する旨を伝えれば良いわけなのですが、
返信はがきには『御出席』と『御欠席』と書かれていて
どちらか選ぶ形になっているかと思います。

そこで、そのまま『御出席』に丸を付けて送り返してはいけません。
まず御欠席の部分には縦に二重線を引いて消します。

そして御出席は『御』の字に斜めに二重線を引いて、
出席の二文字を丸で囲むようにします。

『御』というのは相手を敬う言葉ですから、
自分の返信にこれを付けるのはおかしいということですね。

同様に『御住所』の部分も『御』を二重線で消し、
『御芳名』は『御芳』の二文字を縦の二重線で消しておきましょう。

そしてそのまま送るのではなく、
空いたスペースにコメントを書き添えると良いでしょう。

一方、法事を欠席をするという場合、
この場合は返信はがきを送り返すだけでなく、
できればお詫びの手紙を添えて送りたいところです。

ハガキに手紙に書くような文章を書くわけにはいかないので、
封書に手紙とハガキを同封するという形にしましょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 準備・案内 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク